フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

う〜ん

う〜ん
残念。。。

たこ焼き

たこ焼き
ここ数日は、東松島〜南三陸でおせっかいの日々。
おばあちゃん達曰く、僕が来ると雪が降るらしい。。。

今日の南三陸も何故か雪。。。
あったまる、おしるこを戴いてます。

3/12ということ

3/12ということ
昨日は石巻〜南三陸〜塩釜。
今日は閖上。

これまでもそうだったように、これからもより多くの言葉をやり取りしていきたいと改めて思った3/11から一日が過ぎて。


先日、仙台フィルに客演の為やってきた東京フィルハーモニー交響楽団・コンサートマスター・青木高志さんや親友のTIさん、仙台でいつも助けてもらってる直@坊さんやマネージャー・あみさんに熱い魂のドラマー・チェリーさん・・・と、連日(笑)いつもとはまた違う安らぎをいただきました。ありがとうございます。


3年目の始まりを、また小さなおせっかいの積み重ねと継続を、ちょっとだけ、つぶやいてみました、見通しの良すぎる浜辺で(笑)。

明日からも、「あなたと一緒に」おせっかいです。
ありがとう。
その、想いに、ありがとう。。。!


フランチェスコ

24カ月

24カ月
With you in spirit everyday and hoping that your way is light!


May today always be better than yesterday, and tomorrow brighter than today.
May the longtime sun shine upon you and your beautiful city as you rebuild it day by day.
May hope never fail you, may the light never dim, may the fireball always shine brightly in the palm of your hand.
In days of sadness, may you always feel held and comforted, in times of difficulty may you be given true courage.
And may you never ever have to feel alone.

669

669
TTF45会(笑)in仙台!

坊坊坊!

坊坊坊!
北の方に行きっぱなしだったので、今日はちょっと南でおせっかい。

先日、直坊さんから貰ったパワー漲るブレスレットと一緒に。

「親という字は・・・」

「親という字は・・・」
ここのところ、おせっかい先がちょっと増えました。

間もなく、あれから2年だというのに未だに変わってない場所はまだまだたくさんあります。

先日は南三陸から久しぶりの七ヶ浜へ。


吹く風の冷たさが、あの時の光景と重なって。
しかも、その場所で待ち合わせていた相手が、あれからも全く変わらない支援活動を続けてる方とくれば尚更。。。

同じ熱い気持ちを持って塩釜で絶品の料理を振る舞い続けてる「山ちゃん」さんの店に討ち入った後(笑)、「海」と「山」を駆け回り、前回は入れなかった塩釜の「坂口さん家」へ。
信頼する直坊さんの「絶対に会わせたい!」という意味が判る、これまた熱い漢でして。

いろんな場所で、いろんな話を聴いてきました。
その地域によって、人の気持ちも様々でした。
この日に彼らの口から出てきた生々しい言葉もまた、現実なんだ。


無理しないってことが無理な人たちばっかりだ、僕の周りには(笑)!!

さてと、無理せずに、おせっかいに戻ろうかな。

宝物がどんどん増えていくなあ。


これからもファイアーボールを手渡し続けなきゃ。

でかい。。。

でかい。。。
今日も南三陸。
なぜ、僕が屋外へ出ようとすると吹雪くのか(苦笑)。。。

NOTRE DAME DE PARIS

NOTRE DAME DE PARIS
先日、2/27からジャパンツアーがスタートした「ノートルダム・ド・パリ」のプルミエ公演を観せていただきました。

とにかく、ただただ圧倒され、感想も何もあったもんじゃない(笑)!

98年のフランスを始めカナダ、イギリス、ロシア、韓国、アメリカ、スペイン、イタリア、中国、台湾と各国で上演されてきたミュージカル。ブロードウェイ・ミュージカルとは一線を画する所以を体感し実感してる感じです。

台詞は殆んどが歌によっての表現・アクロバティックなパフォーマンスは時に照明と一体になり、時に音楽と調和し、言葉の持つ意味合いや表現力を何倍にも増幅させて押し寄せてきます。


一歩下がって全体を見定めたいと思っているのに、ついつい前のめりに入り込んでしまい、それなのにどこかに感情移入する事なく客観視できている自分。
でも時間が経つにつれて内容が鮮明に蘇ってきて。。。と、世界中にリピーターが多い理由が判る気がします。

歴史的背景や政治的な出来事、人間のもつ美しさや醜さ・優しさや冷酷さ・愛と憎しみ


破壊された後、奪われた後の場所で約2年話を聴き続けてるからか、何かを重ね合わせて息が詰まる場面も一つや二つではなく。。。

年明けから再び、殆んど東北でのおせっかい生活を送ってる訳ですが、また一つ、子ども達やお婆ちゃん・お爺ちゃんに聴かせる話が増えたかな。


みんなにも見せたいな。。。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »